とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Wednesday, October 10, 2007

学歴について思う

久しぶりに俗っぽい雑誌「PRESIDENT」を読んでみました。

です。

で、(読んだやつの)特集は↓

「学歴格差大図鑑」

メチャクチャ俗っぽいテーマです!!!

まあ、いろいろと大学毎にランキングをつけるという企画なんですが、その中で(日本の大学で)1流、2流、3流の境目はどこ?ってな感じの企画がありました。

このブログで二流大出身と嘯いているコンキチの言葉に偽りがないかどうかドキドキしながらみてみたら、

この雑誌的には

力強く二流でした。
(ホッと一安心です)

なんか巷では学歴偏重はけしからんなんていう輩もいるようですが、その意見にコンキチはこう反論したいです。

まあ、そうかもしれないけど
a) 学歴以外に何で判断するの?(業種によっては「顔」っていうのもありだと思う)
b) っていうか難しい大学に入ったという実績と努力は評価に値するでしょ!
c) っていうかコンキチが知ってる(数少ない)東大出身者はマジ、リスペクトするほど頭いいですが.....
d) っていうか大学の教授って東大をはじめとする賢い大学出身者に牛耳られてるでしょ?
e) コンキチが勤務してる会社の工場勤務の人達って、パチとかの話とかしかしなくて、正直ついて行けません。(ちなみにプレジの「学歴別未婚率」っていう企画で、結婚相手の学歴は重視しないが、結果的に同じような学歴(っていうか東大の人の話)がパートナーになる的な記事がありました。理由は低学歴者とは話のレベルが合わないというもの。)

って感じです。

ちなみにコンキチは二流大卒で、はっきり言って学歴コンプレックスがありますが、偏差値の高い国立大出身者にはけっこう敬意の念を持ってますね。っていうか、奴らはマジけっこう頭がいいと思う(ただ、私大出身者はたとえ早慶出ててもけっこうバカにしていたりしますが。だって、高い金払って私立に行くメリットが見出せないから。もうその時点で異次元)。

とりあえず結論ですが、

適度な学歴偏重は大いに結構

っていうことで.....

以上、プレジお墨付き(って全然うれしくない)の二流大出のひねくれものの戯言でした。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home