とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Monday, November 1, 2010

研究員、有給を取得する

今日は11月1日。所謂、「映画の日(1,000 JPY/titleで映画を鑑賞できる日)」です。しばらく(2年くらい)やめていたんだけど、毎月1日に有給休暇を取得して劇場で映画鑑賞に耽るっていうのを2ヶ月前から再開しました。

休日に比べて圧倒的に空いてるし、1,000円で観れるのが良いです。3年くらい前に近所に出来たSC内の映画館を使ってるんだけど、新しい施設なのでとっても快適です。

ちなみに今日観たのは、「SP-野望編-」と「ナイト&デイ(KNIGHT & DAY)」。「SP」は、岡田君のアクションが超冴えまくりでカッコよかった。国産アクション映画の最高峰だねそれから、「KNIGHT & DAY」はスパイ映画なんだけど、やっぱりスパイ映画っていったらトム•クルーズだなと再認識。スパイ映画におけるトムの映え方は他の追随を許さないものがあると思いました。あと、ヒロインのキャメロン•ディアスのエロ•フェロモンの出方が良かったです

TVで流れてる、映画やドラマをけっこう撮りだめしてるんだけど、ウェブ•ブラウジングやら読書やらでなかなか観る時間がとれない。なので、会社を休んでスクリーンで映画観るのは、けっこう良い心の洗濯になったりして精神衛生上好ましいです(そんな気がします)。

とりあえず、来月はハリー•ポッター観に行きます。

有給をとり易い研究員っていう職業選んで良かったなと改めて思う訳なのです。
(新しい職場にも大分なれてきたので、今年は有給完全消化する予定です)

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home