とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Thursday, December 31, 2009

蕎麦を喰わねば年は越せぬ

年の瀬を大詰めの今日この頃、ちょっくら上野まで蕎麦を食いにいってきました↓




アメ横近辺に位置する上野藪そば総本店に行ってきたわけです。営業は11:30からと記憶していたのですが、年越し蕎麦の書き入れどきの真っ只中なためか、11:15くらいに店の前まで辿り着いたのですが、既に開店していて、しかも超混みでした。

前々から行きたい行きたいと思っていて、なんとなく行けずにいたんですが、やっとこさ辿り着いた上野藪の蕎麦の味は、強いコシの細打ちの蕎麦の喉越しは比類なく、強いツユと薬味の山葵とが奏でるハーモニーは、噂に違わぬ美味な味わいでしたね。はっきり言って、リピート率200%マチガイなしと思います。

いやあ~、それにつけても、1年の終わりに極上の蕎麦を堪能できる幸福を甘受できる「ザ・日本」に生まれてよかったなあと心底思うコンキチでした。

それから、1年の最後に大好きな蕎麦を名店で堪能して、さらにその後、お気に入りのイタリアン・レストラン(のショッピング・センターの出張所)でワインを呑みながらパスタを食べて、(食生活的に)充実した1日だったわけなんですが、今日1日の満足でなんか今年1年総べてヨシみたいな感じで、清々しい気持ちです。

来年も美味しいお蕎麦がたくさん食べられますように

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home