とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Wednesday, May 11, 2011

Earthquake 2011 (11)

住みにくい世の中になったなあと思うコンキチです。

先日、蓮舫消費者担当大臣のtweetにこんなのがありました↓


ちなみに、茨城県では、茨城県産ホウレンソウの分析サンプルは毎回同一の圃場から提供されているものではないとしており、さらに天候や風向き等の影響により、汚染度合いが異なっているものと思われるという認識を示しています。すなわち、暫定規制値を超過した食材が市場に流通している可能性を完全に否定することはできない訳です。

これについてどう考えてるんですかね、消費者庁と消費者担当大臣は。

ボクには、消費者庁って、顕在化した不祥事に対して言い訳するだけの役所にしか見えないんですけど、一般市民の皆さんはどう思われますか?

「2位じゃダメなんでしょうか?」って言ってた人に、「棒ほど願って針ほど叶うって言う言葉を知らないんですか?」って切り返したい二流大出のなんちゃって研究医でした。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home