とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Wednesday, April 30, 2014

野村證券から外貨送金してみました

数年前に行った長野の蕎麦屋のメモです↓

-そば処 常念 memo-

-もりそば 2枚 (1,050 JPY)-
-RATING- N/A
-REVIEW-
茹で過ぎで、水っぽくて、ツユも弱くて、どうしていいか分からなくなるレベルに激マズ

-岩魚骨酒-
-RATING- N/A
-REVIEW-
まず徳利がだめ。炙った岩魚全体が見えるタイプの横に長い徳利になっているが、全体的に解放されているため、サケの温度低下が著しい。すなわち、抽出効果も低減するはず。凄く損した気持になりました。はっきり言って、三笑楽の岩魚の骨酒セットの方が一万倍旨いです。

-松茸どびんむし-
-RATING- N/A
-REVIEW-
本当に松茸が入ってるのか?とつっこみを入れたくなるほど貧弱なスープの香り。


なんか食べログではけっこう高評価みたいだけど(http://tabelog.com/nagano/A2005/A200501/20000818/)、サービスが改善されたのでしょうか?
俺たちが行ったときだけ、たまたまイマイチだったのか?
last visited 30 April 2014

まあ、とりあえず、二度と行かない店リストにランクインしたことだけは確かです。


閑話休題


野村證券には国内外貨預金口座への手数料無料の外貨送金サービスがあります(https://www.nomura.co.jp/service/serviceprocedures/procedure/pay/ftransfer_out.html)。

野村のWeb Siteに載っている情報は貧弱で、上記サービスが手数料無料でできるということぐらいで、具体的にどういう手順を踏むかはさっぱり分かりません。

こういう時に情報源として重宝するのがAIC (Alternative Investment Club)のサイトで、しっかり情報が記載されていました↓

要は、振込先の外貨預金口座を事前登録しといて、電話で指示すればオッケーということです。

で、やってみた結果です↓


1日目(月曜)   野村證券の取引支店に電話。外貨預金口座の登録はメールオーダーか店舗で可能。必要書類の送付(メールオーダー)を希望。

2日目(火曜)   必要書類が到着

3日目(水曜)   必要事項を漏れなく記入し、本人確認書類を同封して、朝投函

9日目(火曜) 外貨預金口座登録完了の葉書到着

10日目(水曜) 電話で外貨送金指示(外貨建MMF売却→外貨預り金→送金)。外貨建MMFは前もって売却し、預り金としておくことが可能。

11日目(木曜) 登録した外貨預金口座に着金。ミッション・コンプリート。


こんな感じで、無事手数料無料でCitibank銀行のマルチマネー口座にUSDを送金することが出来ました。

書類に不備があると手続きが遅れるので、店舗で手続きすればより確実です。

事前登録さえ済んでいれば、電話一本で翌日送金が完了しているという超便利なサービスと思いました。野村證券にはこのサービスをずっと続けてもらいたいと思いました。
 

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home