とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Saturday, October 24, 2009

看板に偽りあり

自分でいうのもなんですが、コンキチはけっこう読書してる方だと思います。たまに大人の娯楽誌(東洋経済、ダイヤモンド、プレジデント)も読んだり増します。

で、いつだったかそういった類の大人の娯楽誌に

一流社員が読む本 二流が好む本 (プレジデント)
一流の読書術vs.二流の読書術 (THE 21)

とかいう特集がありましたが、これって看板に大いに偽りありなのです。

特集の内容は、(多分、編集者が一流にカテゴライズしている)著名人が読んでいる本とかおすすめの本を紹介して終わり。

表立って二流に分類されるひとが読む本なんていうのは、全く紹介されていません。「二流が好む本」や「二流の読書術」は、「一流社員が読む本」や「一流の読書術」とのバランスを図るためだけの見せ球のフレーズでしかないのです。「どの本が二流本の烙印を押されているのか?」という点に興味があったコンキチとしてはかなりガッカリな内容でした。

まあ、この本こそが二流人の好む本ですなんて言われたら、著者や出版社から大クレームがきそうだし、業界の仁義としてそんなことはできないでしょう。



アッ、わかった。記事で紹介されている著名人の中で、誰が一流でだれが二流か(場合にとっては誰が三流か?)を読者自身に推理させ、隠された二流本(場合によっては三流本)を見つけださせるという推理ゲームになっているんだ。

そんな気がする二流大出の自称「読書好き」のつぶやきでした。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home