とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Saturday, January 22, 2011

SUZUKI-MIYAURA COUPLING 覚え書き

a) 一般的にハロゲン化アリールは反応の進行が緩慢。
b) 溶存酸素によって、ホモカップル体のような副生成物ができる。
c) しばしば、リンが結合したカップリング生成物ができる。


Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home