とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Wednesday, September 19, 2012

Alternative to the Friedel-Crafts

先日、炭火やきとり富吉っていう店で飲み会があったんで、覚えてる範囲でメモしてみます。

-炭火やきとり富吉 memo-
-RATING- ★★★☆☆
-REVIEW-
まあ、飲み会で自分の食べたいモノばっか注文して好きなだけ食ってたわけではないので参考までに。
総じて料理(主にやきとり)は美味しくて、参加者にはなかなか好評でした。個人的に秀逸だと思ったのはレバーで、これがまたとっても柔らかくてjuicy。あと、ホタルイカの沖付けは小ぶりでいい味出しててよかった(けど量が少ないのが玉にきず)。温玉大根サラダは人参ソースがかかって出てきたんだけど、これがなかんかニューウェーブ系で良かったです。
お酒はそこそこ種類があったと思ったんですが、出席者がご年配の方ばかりで、かなり遠慮してしまい存分には楽しめませんでした。
あとこの店、注文してから料理が提供されるまでがやたらと長かったな(混雑する前でも)。素人考えで速攻提供できそうな料理も遅かったです。ここが欠点。
総じて再チャレンジしてみたい店ですね。


閑話休題


Synthesis of α-Hydroxyacetophenones
J. Org. Chem., 2012, 77, 5144-5148.

メルクのプロセス・リサーチチームの報告です。



ハロゲン化アリールをTurbo Grignardでハロゲン-金属交換した後、arylzinc (ate complex ?)にして、acetoxyacetyl chlorideとの反応を銅で触媒させてα-アセトキシアセトフェノンを作る。選択的フリクラオルタナティブ的な匂いがオイラは好きです。


Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home