とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Saturday, July 31, 2010

歪んだマーケティング•ツール

うだるような暑さが続く今日この頃。プロ市民政治家の雄、辻元清美が社民党に離党届を提出しましたね。

存在意義の無い弱小政党で存在感を高め、いよいよ社民党がいけないとなると、寄らば大樹とばかりに民主党にすり寄るあたりは、正に機を見るに敏。ある意味賞賛に値します。

それから、不思議の国の瑞穂ちゃんよりプロ市民政治家の大先輩宰相の方にシンパシーを感じたかな?

それにつけても、今回の騒動でテレビって凄いなと改めて思いました。というのも、まともな政治家としての価値が全くない辻元清美のような人間が、テレビに露出してもの凄く国民にアピールされている。

しかも、直近の国交副大臣だったときの映像や、疑惑のデパート発言や、「ソーリ、ソーリ、ソーリ」発言(パフォーマンスだけのバカ追求)といった好意的な映像ばかりがお茶の間に垂れ流され、秘書給与をシェアとか言ってごまかそうとして有罪判決くらった事件や政治的思想については言及されていない。


結局、今回のことで一番得をしたのは、辻元ということだ。で、辻元はそのことを十分分かった上で今回の決断へと至ったのであろう。要は、

1st 前原国交相との抱擁&涙の離別映像が流れれば、辻元の政治的立ち位置が民主党のそれに近いこいう錯覚をアピールできる(まあ、民主党は烏合の衆だからある意味あたっってる)。

2nd 弱小政党とはいえ、社民党の実力者の民主党へのトラバーユは報道ネタ的にはけっこう美味しく、テレビへの露出が期待できる。

3rd 結果、民主党寄り、政府の要職を経験、テレビへの露出による知名度UP↑という印象を国民(愚民)に広く周知できる。


選挙で最も重要なのは「知名度」だ。知名度が無ければ、そもそも自分の存在を周知することができない。そうでなければ、例えば、先の参院選で、柔道しか取り柄のない谷亮子や、高卒で政治的素養を感じることができない三原じゅん子(介護には熱心なようだが)が当選できた理由が(少なくともコンキチには)分からない。


メディアをプロモーション•ツールとして最大限に利用するその狡猾さには見習うべきところがありますね。


それにつけてもメディアの、思慮の浅いお茶の間(愚民)が食いつきそうなネタだけを面白可笑しく取捨選択して垂れ流す姿勢は改善して欲しいですね

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home