とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Tuesday, March 15, 2011

Earthquake 2011 (3)

福島の原子力発電所で緊張が高まっている。いたずらに不安は煽りたくないけど、東電が件の原子炉をコントロールできていないことが例証されてしまった。

批判するのは簡単だと非難されそうだけど↓

a) 東電の会見にはいささか真摯さに欠けている
b) 政府はもっと東電に介入すべき
c) さっさと技術支援を請うべき
d) リソースを最大限の投入しろよ

と思います。喫緊の課題は、どう考えても原発問題だろ。

ついでに株式市場も凄いことになってる。とりあえず、直ぐに売却可能な有価証券は、金のETFとUS MMF, セゾン投信で扱ってるVangard Global Balanced Fundを残して全部売っぱらったけど、はっきり言って判断が遅れたな。まあ、仕方が無い。

ところで、今回の震災で受けた被害の甚大さが、日を追うごとにひしひしとその重みが伝わって来るようです。復興は不可能ではないと思うけど、その道のりは前途多難で、明らかに我々にはダウンサイジングが求められるでしょう。

ダウンサイジングっていうのは、人間が最も苦手とする分野という認識があり、平時においては実現困難と思います。しかしながら、日本人は大きな国難を前にすると、大いなるチームワークを発揚する気質があり、結果困難を退ける力があるような気がします。今回の災害はあまりにも大きく、戦争に匹敵するほどの国難といっても過言ではないでしょう。受難の刻は長引きそうですが、我々日本民族(民族なんて言葉を使うのは好きじゃないけど)の能力に期待したいと思います。

被災地の親族•知人の無事が少しだけ分かった今日この頃、証券会社に電話して「(自分の)資産はどうなってしまうんだ?」的な問い合わせをする人は、金融市場から早々に退出した方がいいと思いました。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home