とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Saturday, August 28, 2010

「菅直人」その耐えられない軽さ

最近、菅直人の目が虚ろな気がするコンキチです。

っていうか、笑かしてくれますね民主党は。そもそも、ちょっと前に代表選やったばっかりなのに、もう、また代表選ですか?

で、金集めしか取り柄の無い小沢一郎が対抗馬とは傑作です。

そもそも、菅内閣の命運なんてとっくの昔に決まっていたのだ(代表に再選されるかどうかということじゃなくて、まともな政策などできないという点で)。だって、ここしばらくの内閣で、唯一まともな政策を実行した小泉政権を強烈に否定している時点で終わってるんだよね。まともな政策を否定してるんだから、彼にまともな政策なんかできない。

さらに、彼は(乗数効果さえも分からなかった)経済オンチだ。そんな人間にまともな経済政策を期待するのは無謀というものだろう。


野党時代は威勢良く批判してれば、反体制っていう感じでけっこうウケたんだろうけど、責任政党のトップになったら、威勢良く文句を言ってハッタリかませる奴はどこにもいなかったっていうことなんでしょう。

まあ、想定の範囲内です。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home