とある化学の超ガテン系

実験嫌いの実験化学者が綴る企業の研究員の日常 (このブログはMac OS Xに最適化されています)




Sunday, April 4, 2010

国策でジョブズは生まれない

米国でiPadが発売されましたねNewsweek日本語版でウォズニアックのインタビュー記事を読んだんだけど、彼はiPadを三台予約したそうです。

コンキチは、iPadは巨大なiPod touchに過ぎないと最初は思っていたんですが、今ではその考えは完璧に翻っています。そして、ウォズニアックのインタビュー記事には本当にエキサイトさせられました。

iPadはこれまでのアップル製品と同様にユーザー体験を変えるデバイスになると思います。iPadのクイックスタート、(メディアへの)クイックアクセス、っていうのがインターネットとコンピューティングっていうものがより生活に密着させるのでしょう。しかも、完璧に美しいインターフェースを伴って。デスクも必要とせずに。

そういえば、どこかの報道番組に出演していた民主党の議員が、iPhoneを引き合いに出して訳分からないことを言っていたな。iPhoneには日本の技術が多数使用されているが、利益の大半は日本企業に落ちない。これからは、国を挙げて日本から国際標準を打ち出していかなければならない的な頓珍漢的なことを言ってたような気がしました。

っていうか、国や凡百の企業にはユーザー体験を変えるっていう視点が決定的の欠落してると思うんですが、そんな輩が沢山集まったからっていって、スティーブ•ジョブズは生まれませんよ。経営学を少しはお勉強した方がいいと思いますね。

Labels:

0 Comments:

Post a Comment

<< Home